旅する管理人がフィリピンの孤島で過ごした日々の記録
by asiantyphoon
以前の記事
カテゴリ
おすすめブログ
ALOHA FARM
新しくブログを始めました。
(2009年3月より)
是非ご覧ください!

気まぐれ屋上菜園
自宅の屋上で野菜や果樹の栽培に挑戦しているNAOさんのブログ

トロピカルフルーツ成長ノート
自宅でトロピカルフルーツの栽培に挑戦しているパパイヤ牛乳さんのブログ

English Here
You can read this blog in English! (It is automatically translated by computer. And I cannot edit it. So it is funny English. But enjoy it !)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
連絡先
生きることは食べること⑤
「日々の糧を 与えたもう 
恵みの御神は ほむべきかな」

天気が良かったので、日光浴をかねて愛用の手漕ぎボートで沖に出ることにしました。
大海原に小さなボートで漕ぎ出すのは、なかなか気持ちが良いものです。
b0114259_1774963.jpg
しばらく漕いでいると、なにやら水面に白いものが漂っているのが見えました。
よく見るとボラのような大きな魚が浮かんでいます。
サメにかじられたのでしょうか、体の半分が無くなっています。
ちょっと臭いますが、犬か猫のエサになりそうなので持って帰ることにしました。
b0114259_17131098.jpg
同僚のフィリピン人にこの魚を見せると、「いらないなら欲しい。」とのこと。
干物にしたらまだ食べられると言うので、あげることにしました。
b0114259_17162230.jpg
大きな包丁を使って、海辺でさばいています。
この同僚は最近お腹を壊して仕事を休んでいて、今日が復帰日でした。
またこんな魚を食べて大丈夫だろうか?と思いましたが、
私の心配をよそにドンドンさばいていきます。
b0114259_1726437.jpg
固い頭は石を使って割っています。
b0114259_16304141.jpg
上手にさばけて、ご満悦の様子です。
こう見ると、体の半分が無くてもかなりの大きさに見えます。
あとは塩をふって干したら出来上がりです。

「食べられそうなものは食べてみる。」という、島の人のたくましさを感じたひと時でした。
[PR]

by asiantyphoon | 2008-06-18 17:50 | 生きることは食べること×5
<< となりの朝ごはん サリサリストア② >>