旅する管理人がフィリピンの孤島で過ごした日々の記録
by asiantyphoon
以前の記事
2009年 03月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
カテゴリ
おすすめブログ
ALOHA FARM
新しくブログを始めました。
(2009年3月より)
是非ご覧ください!

気まぐれ屋上菜園
自宅の屋上で野菜や果樹の栽培に挑戦しているNAOさんのブログ

トロピカルフルーツ成長ノート
自宅でトロピカルフルーツの栽培に挑戦しているパパイヤ牛乳さんのブログ

English Here
You can read this blog in English! (It is automatically translated by computer. And I cannot edit it. So it is funny English. But enjoy it !)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
連絡先
カテゴリ:はじまりの詩( 1 )

はじまりの詩
「珊瑚が青い海の中で人知れず輝いていた時、その傍を彼はそっと流れていきました。
長い長い旅でした。旅の途中、様々な出会いがあり、嬉しかった事、悲しかった事、楽しかった事、腹が立った事などありましたが、あまりにも長い旅でしたので、ほとんど忘れてしまいました。
夏の暑い陽射しが照りつける中、彼は自分で行き先を決めたわけでもなく、他人に言われたからでもないのですが、いまこの島の浜辺に横たわっています。
これから先の事などは考えず、いまはただ横たわっているのです。・・・」
b0114259_14495349.jpg

ブログを始めるにあたり、まずタイトルを何にしたら良いか悩みました。
ふと、本棚にあった写真家の星野道夫さんの「旅をする木」が眼に入り、
使わせてもらう事にしました。
元々星野さんも、彼の好きなアラスカ動物学の古典“Animal of the North”から引用したそうです。
ネットで検索すると他にも「旅をする木」というタイトルでブログを書いている方々がいて、
なんだか気恥ずかしい気もしましたが、同じものを使わせてもらう事に決めました。
昔から作文が苦手だったので、人様にお見せできるような文章は書けませんが、少しずつ島での生活をレポートできればと思っています。

この島に来て半年が過ぎますが、いまだに自分が海と空と島しか見えない南洋の孤島で暮らしているという事が不思議で仕方ありません。
ボーっとしていたら、知らないうちに流されてきてしまったような感じです。

いまブログを書いている部屋から出れば、すぐに砂浜が広がっています。その砂浜の中に、どこから、そしていつ流れてきたのか、沢山の流木が横たわっています。
b0114259_15183721.jpg

土の上に種が落ち、陽の光を求めて競って枝葉を伸ばし、何十年もかけてゆっくり大きくなっていったのでしょうか?
そしてある日台風に倒されたのか、その木は川を下り、海へ出て、波に揺られ、最後にこの砂浜に打ち上げられたのでしょうか?

“Animal of the North”で記されているトウヒ(マツ科の常緑針葉樹。高さが約30メートルにもなる。)の旅は、アラスカの原野の家の薪ストーブの中で終わるのですが、燃え尽きた大気の中から、生まれ変わったトウヒの新たな旅も始まっていくのだそうです。

ここでは流木は、“ボノ”と呼ばれる鉈(なた)で少しずつ切り取られ、料理をしたり、お湯を沸かすときの燃料として使われ、アラスカのトウヒと同じように新たな旅を始めます。

私もいまここにいるのは、この木と同じように長い旅の途中なのかもしれません。
[PR]

by asiantyphoon | 2008-02-08 15:21 | はじまりの詩