旅する管理人がフィリピンの孤島で過ごした日々の記録
by asiantyphoon
以前の記事
2009年 03月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
カテゴリ
おすすめブログ
ALOHA FARM
新しくブログを始めました。
(2009年3月より)
是非ご覧ください!

気まぐれ屋上菜園
自宅の屋上で野菜や果樹の栽培に挑戦しているNAOさんのブログ

トロピカルフルーツ成長ノート
自宅でトロピカルフルーツの栽培に挑戦しているパパイヤ牛乳さんのブログ

English Here
You can read this blog in English! (It is automatically translated by computer. And I cannot edit it. So it is funny English. But enjoy it !)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
連絡先
カテゴリ:真珠と不思議なカニ×2( 2 )

真珠と不思議なカニ②
真珠貝の中に居候しているカニの話をしましたが、
他にも同居人を発見しました。
b0114259_1634128.jpg
b0114259_16354818.jpg
それがこのエビです。
体長はカニと同じく、1.5~2cmぐらいです。
やはり殻がブヨブヨして柔らかく、全身が半透明で赤い点の模様がついています。
カニが必ず1つの貝に1匹入っているのに対し、
このエビは10貝に1匹ぐらいの割合で住んでいます。
なので、カニよりも希少な存在といえます。

話は変わりますが、「真珠採取後の貝は食べるのか?廃棄するのか?」、
「貝殻は何かに利用するのか?」という質問をいただきましたので、
こちらも載せておきたいと思います。
b0114259_16475210.jpg
b0114259_1646219.jpg
真珠を取り出した後、写真のように貝が山積みになっています。
ナイフで貝柱を切り取り、身と貝殻を分けます。

身の部分はホタテ貝ほどではありませんが、なかなか美味しいです。
この身は作業後にみんなで山分けして、家にもって帰っています。
ここではタダで手に入る貴重な動物性タンパク質です。
私も分け前をもらい、甘辛く醤油煮にしたり、干物にして食べています。

貝殻は何に使うのか分かりませんが、結構いい値段で引き取ってくれる
業者がいるようで、そちらの方に販売しています。

無駄になる部分は一つもありません。
[PR]

by asiantyphoon | 2008-04-23 17:05 | 真珠と不思議なカニ×2
真珠と不思議なカニ①
先週末から真珠の収穫が始まりました。
貝を育てるところから始めると、真珠ができるまで3年間もかかります。
収穫は、この貝を割って、中から真珠を取り出します。
b0114259_1810487.jpg
これが真珠養殖に使うシロチョウ貝という貝で、
3年も経つと手のひらぐらいの大きさに成長します。
b0114259_18131221.jpg
私の会社は金色の真珠を作っています。
真珠層と呼ばれる部分が金色の貝を掛け合わせて、
さらに濃い金色になるようにしています。
真珠は白いものが一般的ですが、実は金色の真珠が一番値段が高いのです。
グラム単価で考えると、ホンモノの金より高いかもしれません。

真珠養殖の会社に勤めながら、困ったことに私は真珠に全く興味がありません。
ここのところ、毎日真珠の収穫をしているのですが、
真珠とは別に、貝の中に気になる奴がいます。
b0114259_1820143.jpg
b0114259_18232328.jpg
それがこのカニです。
体長は1.5~2cmぐらいです。
真珠を取り出すときに、脇にこのカニがいます。
必ずひとつの貝の中に、1匹ずつ住んでいるのです。
体全体が丸っこくて、甲羅がブヨブヨしていて柔らかいです。
よく見ると、赤い小さな目がついています。
確かに貝の中で暮らしていれば安全でしょうが、一生貝の中で暮らすつもりでしょうか。

真珠には目もくれず、ひたすらこのカニを集めていると、
フィリピン人の従業員たちが不思議そうに私をながめています。

真珠を作り出す技術は、日本で発展したすばらしい技術だと思いますが、
私にとってはこの貝の中で暮らしているカニのほうが気になる存在なのです。
[PR]

by asiantyphoon | 2008-04-22 18:42 | 真珠と不思議なカニ×2