旅する管理人がフィリピンの孤島で過ごした日々の記録
by asiantyphoon
以前の記事
カテゴリ
おすすめブログ
ALOHA FARM
新しくブログを始めました。
(2009年3月より)
是非ご覧ください!

気まぐれ屋上菜園
自宅の屋上で野菜や果樹の栽培に挑戦しているNAOさんのブログ

トロピカルフルーツ成長ノート
自宅でトロピカルフルーツの栽培に挑戦しているパパイヤ牛乳さんのブログ

English Here
You can read this blog in English! (It is automatically translated by computer. And I cannot edit it. So it is funny English. But enjoy it !)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
連絡先
<   2008年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

巨大魚ラプラプ
コーヒーを買いに近くのサリサリストア(食品雑貨屋)まで行くと、
大きな魚を持った漁師さんが歩いてきました。
b0114259_19203430.jpg

b0114259_19265690.jpg
これはラプラプと呼ばれるハタ類の魚で、フィリピンでは高級魚として扱われています。
体長は80~90cmほどあるでしょうか。
小さいものは見たことがありましたが、こんなに大きなものは初めてです。
b0114259_1931910.jpg
重さを量ったら、10.5kgありました。
このサリサリストアでは、漁師さんから魚を買い付けてマニラへ送るという
仲買の仕事もしているそうです。
b0114259_19342870.jpg
ラプラプを氷漬けにする前に、みんなで記念撮影です。
隣の子供と大きさがほとんど変わりません。

一度でいいので、こんな大きな魚を釣ってみたいものです。
[PR]

by asiantyphoon | 2008-05-30 19:43 | 巨大魚ラプラプ
特製ねこまんま
「この世に生まれてきたからには
ひもじい思いをして 暮らしたくはないなぁ
キレイな服で着飾ったり
ピカピカの新車でドライブしたり
会員制のスポーツジムで汗を流したり
高級レストランで食事したり
そんなことには興味はないけど
少なくともごはんをお腹いっぱい食べて
ゆっくり眠りたいなぁ・・・」

b0114259_1331355.jpg
最近子猫のエサやりが日課になっています。
こちらでは犬が多く、いじめられたりエサを横取りされたりして、
猫がかわいそうなくらい痩せてしまっています。
b0114259_13342854.jpg
この兄妹も痩せ細っていましたが、エサをあげてから元気になってきました。
左側の妹のほうは、両方の目の色が違います。

エサは釣ってきた新鮮な魚をごはんと一緒にグツグツ煮て、
軽くマヨネーズで味付けしたものをあげています。
b0114259_13402431.jpg
ごはんが終わると、すぐに寝ます。
とても幸せそうに見えます。

もう少し大きくなるまで、特製ねこまんまを作ってあげようと思います。
[PR]

by asiantyphoon | 2008-05-30 13:54 | 特製ねこまんま
漁師的生活①
普段は室内で飼育している貝の世話が主な仕事ですが、
たまにボートで沖に出て作業することもあります。
今日は沖に吊るしてある親貝のネット交換です。
b0114259_11355539.jpg
仕事がひと段落着くと、釣り糸を垂らして魚釣りを始めます。
むしろ仕事をしている時間よりも、釣りをしている時間の方が長いかもしれません。
b0114259_11381453.jpg
この日は絶好調で、4人で40匹以上の魚を釣りました。
サバやアジなどの魚が、入れ食い状態で釣れました。
今夜はこの魚で私の誕生日会を開いてくれるそうです。

b0114259_11424239.jpg
こちらは魚を細かく切って酢でシメて、タマネギと唐辛子を混ぜ合わせた
「キニラオ」と呼ばれる料理です。(酢には唐辛子とニンニクが漬け込んであります。)
新鮮な魚で作ると、とても美味しいです。
頭やしっぽまで豪快に切り刻んで入っているので、栄養満点です。
b0114259_11462915.jpg
大きな魚は炭火焼にしました。
この島ではガスが無いので、普段の料理もこのような感じで作っています。
熱帯の魚なので脂ののりはイマイチですが、こちらも美味しくいただきました。
b0114259_11503844.jpg
知り合いの従業員を何人か招いて、おなじみのラム酒で誕生日のお祝いをしました。

獲れたての魚でのお祝いは、ささやかでしたが贅沢なひとときでした。
[PR]

by asiantyphoon | 2008-05-28 11:58 | 漁師的生活×2
青い海とマシンガン
b0114259_18314581.jpg

収穫した真珠を運ぶ時は、襲撃に備えてセキュリティが強化されます。
今回も下の写真のように、銃を持った警備員が一緒に船に乗り込みます。
b0114259_1827323.jpg

b0114259_18275821.jpg

b0114259_18284467.jpg

b0114259_18295423.jpg
一度の収穫で多い時には数億円の真珠を運ぶ場合もあるので、
警備は怠れません。

この海域には少し前までホンモノの海賊がいました。
会社が漁場を作る際、武装した警備員が海賊のいる場所まで行って、
うちの船を襲撃しないよう警告までしたそうです。

日頃から銃を持った警備員が周りをウロウロしているのがとても嫌なのですが、
高価なものを扱っているため、仕方がないのかもしれません。
[PR]

by asiantyphoon | 2008-05-27 18:50 | 青い海とマシンガン
日曜日のひとりごと
日本から持ってきた本をながめていると、
「世界なんでもランキング」というページを見つけました。
b0114259_13575047.jpg
「離婚率の高い国」や「映画の製作本数が多い国」など、
なかなか面白いランキングが載っています。

その中で日本が第1位に輝いているランキングを探してみると、ありました!
b0114259_13535256.jpg
「1週間当たりの労働時間が50時間以上の労働者が多い国」で
見事、第1位に輝いています。

やはり日本人はよく働いているんですね。
過重労働で体調を壊したりしている人も多いようなので、
良いのかどうかは分かりませんが。。。
自慢じゃありませんが、私の今週の労働時間、僅か19時間でした。
もう少し働きたいのですが、本当に仕事がありません。

それにしても第2位がニュージーランドというのが気になります。
のんびりとしたイメージの国だったのですが。。。

他にもないか探してみると、またありました!
b0114259_142329.jpg
「OECDの統計でいちばん借金の多い国」で見事、第1位に輝いています。

よく働いているのに借金が多いとは一体どういう事なのでしょうか?
働いても借金が増えるだけなら、何のために働くのか!?
私には難しい問題なので、今度友人に訊ねてみたいと思います。

次に私の住んでいるフィリピンが第1位に輝いている項目を探してみます。
第1位の箇所を探してみても見当たらないので、第2位で探してみることにしました。
ずーっと目で追っていると、ありました!
b0114259_1431293.jpg

「世界でいちばん銃による殺人(未遂含む)が多い国
アメリカに次いで堂々第2位!!!!

「・・・・・・・・・」

全然嬉しくないランキングです。
10万人あたりの数でも、スロバキアとエルサルバドルに次いで第3位・・・。

こちらでは比較的簡単に銃が手に入ります。
以前、夜中に数発の銃声が聞こえたので、何だろう?と思っていたら、
実は酒に酔った従業員が口論の末、親友を射殺してしまったという話を聞きました。

私が会社の敷地外へ出かける場合、必ず「エスコート」と呼ばれる
警備員がライフル銃やショットガンを持ってついてきます。
なにもこんなに大げさにしなくてもと思っていましたが、
このランキングを見るとなんとなく納得してしまいます。

目の前に広がっている大自然は、とても平和に見えるのですが・・・。
[PR]

by asiantyphoon | 2008-05-25 14:47 | 日曜日のひとりごと
誕 生 日
今朝は早起きして、室内のタンクで育てていた貝を海に出す作業をしました。
この作業は“沖出し”と呼ばれるもので、この日が貝の誕生日ということになります。
b0114259_12332110.jpg
2ヶ月間、毎日世話をしてきたので、無事に沖出しができると嬉しいものです。
成長が悪かったり、急に死んでしまったりする貝も多く、
せっかく育てていても、途中で捨ててしまう場合もあります。
b0114259_12364918.jpg
b0114259_12375594.jpg
タマネギ用のネットを切ってタンクの中に浮かべておくと、
水の中で浮遊している貝がそこに付着します。
途中で何回か選別をして大きいものだけを残していき、3~5mmぐらいまで育てます。
今回は約2万貝を沖出ししました。名前は「84α」と名付けました。
b0114259_12471116.jpg
貝の受精から発生、そして沖出しまでが私の主な仕事になります。
この一連の流れを見ていると、私も同じように小さな卵から発生して
成長してきたかと思うと、不思議で不思議でたまりません。

今日、5月23日は私の33歳の誕生日でもあります。

母が私を産んでくれたのが、彼女が33歳の時だったそうです。
[PR]

by asiantyphoon | 2008-05-23 12:57 | 誕生日
燃える島々②
この辺りではジャングルに火を放って野焼きをして、そこに米やトウモロコシや
果樹を植えるという焼畑農業が行われています。
裏手にある山の斜面が焼かれたという話を聞いたので、見に行ってみました。
b0114259_13401587.jpg
木が切り倒されて、山の斜面が広範囲にわたって焼かれています。
一体何を作付けするのでしょうか。
耕されて、何かを植えたようなあとは残っていません。

b0114259_13483397.jpg
足元をよく見てみると、お米が落ちています。
周りを注意深く見ると、等間隔にお米が4~5粒ずつ置かれています。
こんな風にただ置いているだけだと、大雨の時に流されてしまうのではないかと
心配になったので、1週間後にまた来てみることにしました・・・・

b0114259_1357156.jpg
この1週間大雨が続いていたので、全部流されてしまったのではないかと
思っていましたが、ちゃんと発芽して育っていました。
念のため土を掘って確認しましたが、確かに先週見たお米から発芽していました。
b0114259_13534143.jpg
山の下から上まで、キレイにお米が植えられています。
ただ地面に置いておいて、雨水だけを頼りに発芽するなんて、すごい農法です。

このお米は陸稲と呼ばれる種類だそうですが、
収穫まで成長を観察することにしました。
[PR]

by asiantyphoon | 2008-05-21 14:14 | 燃える島々×2
楽しい食卓②
「つらいことや悲しいことがあっても
その日の食事が美味しくいただけたら
自分はまだ大丈夫だなと思う」


10日ほど前から、日本人寮のコックさんが休んでいます。
なので、いまは代わりに別の人が来ています。

以前ブログの記事(⇒楽しい食卓①)で、こちらでは野菜料理が出ないので、
和食を中心とした料理をコックさんに教えているというものを載せました。
それ以後も、積極的に食事の内容を決めたり、自分で調理をしたりしていますが、
今回は別の人が来ているので、しばらく様子を見ることにしました。

どんな料理が出てくるか楽しみです。


(5月15日・昼食のおかず)
b0114259_2193154.jpg
左から「牛肉を焼いたもの」、「魚のフライ」、「鳥のから揚げ」

ご覧の通り、動物性タンパク質のオンパレードです。
こんな食事が1週間ほど続いています。
野菜は冷蔵庫にあるのですが、なぜか使ってくれません。


(5月16日・昼食のおかず)
b0114259_2120391.jpg
左から「牛肉を焼いたもの」、「魚のフライ」、「小エビのフライ」

「鳥のから揚げ」が「小エビのフライ」になりましたが、
再び動物性タンパク質のみの食卓です。


(5月16日・夕食のおかず)
b0114259_21254293.jpg
左から「魚を煮たもの」、「豚肉を焼いたもの」、「小エビのフライ」

再び動物性タンパク質のみの食卓です。
しかも魚はウロコが付いたままで調理されています。
明日はちょっと野菜を使ってもらえるように頼んでみましょう・・・。


(5月17日・昼食のおかず)
b0114259_2128152.jpg
左から「牛肉とタマネギを焼いたもの」、「豚肉とカンクン炒め」、「小エビのフライ」

昨日お願いをしたので、野菜を使ってくれるようになりました。
動物性タンパク質はまだ多いですが、かなりの進歩です。
「小エビのフライ」が3連続で出ているのが気になりますが・・・。


(5月17日・夕食のおかず)
b0114259_21354315.jpg
左から「魚のフライ」、「ゴーヤの卵とじ」、「牛肉を焼いたもの」

「ゴーヤの卵とじ」は合格ですが、昼にタマネギが追加されていた
「牛肉を焼いたもの」が、再びタマネギ抜きになっています・・・。
相変わらず動物性タンパク質は多いですね。

こちらの人から見たら贅沢な食卓ですが、これでは体を壊してしまいそうです。
休暇中のコックさんもそうでしたが、どうやら日本人には肉や魚を
たくさん出さなければいけないという変な先入観があるようです。

しばらく黙っていただいていましたが、明日からは自分でも料理しようかと思います。
[PR]

by asiantyphoon | 2008-05-17 22:16 | 楽しい食卓×2
コブラ捕獲プロジェクト
今朝、仕事場へ向かう途中で、猛毒のパラワンコブラに遭遇しました!
大人でも噛まれたら1~2時間以内に死んでしまうという猛毒のコブラで、
こちらの人が最も恐れている危険なヘビです。

できれば生け捕りにして観察してみたいのですが、噛まれたら大変です。
血清のある一番近い病院までは、ボートで3~4時間もかかります・・・。
b0114259_15522662.jpg
よく見たら、全く動きません。どうやら既に死んでいるようです。
残念ながら今回は生け捕りにできませんでしたが、
死んでいるので近くで写真が撮れました。
b0114259_1227857.jpg
まだ生きているような目をしています。
よく見ると、意外とかわいい目をしているような気もします。
b0114259_12283497.jpg
b0114259_1219224.jpg
体は全体に赤っぽい色をしています。
長さを測ったら、1m40cmもありました。

こちらの人の話によると、このヘビは怒ると「とぐろ」を巻いてカマ首をもたげ、
いわゆるコブラのように頭を広げて攻撃してくるそうです。

本当にこれがパラワンコブラという名前のヘビか分かりませんが、
こちらの人は「パラワンネイティブコブラ」だといって、恐れています。

私も噛まれないように注意しながら、捕獲プロジェクトを遂行していきたいと思います。
[PR]

by asiantyphoon | 2008-05-16 12:39 | コブラ捕獲プロジェクト
生きることは食べること④
「日々の糧を 与えたもう 
恵みの御神は ほむべきかな」

b0114259_1554611.jpg
真珠貝をネットに入れて沖に吊るしておくと、数ヶ月で海草などが付きます。
これを除去しないと真珠貝に十分な栄養が届かないので、たまに掃除をします。
海草が付着したネットは、様ざまな生きものの隠れ家となっています。
フィリピン人の従業員は作業のかたわら、これらの生きものを集めています。
どうやらご飯のおかずにするようです。
b0114259_15112764.jpg
ネットの表面には、海ブドウがびっしりと付いていました。
日本では沖縄料理屋などでよく見かけます。
こちらの人は、酢で味付けをして食べているようです。
b0114259_15144017.jpg
魚もネットの中に隠れています。
まだ小さなうちは、このネットに隠れて生活しているようです。
写真では1種類だけですが、他にも色々な魚が獲れます。
b0114259_15173770.jpg
カニはいつも2種類ぐらい獲れます。
ワタリガニのようなものと、タラバガニを小さくしたようなものがいます。
たまに30cmぐらいの大きなカニを捕まえることもあります。
b0114259_15203463.jpg
海の中には真珠貝以外にも様ざまな種類の貝が住んでいます。
それらの貝が真珠貝のネットに付着して大きくなっていました。
今回は4種類の貝が獲れました。
b0114259_15225235.jpg
子供たちに海ブドウをあげたら、美味しそうに食べていました。
こちらではあまり野菜を食べないようなので、ビタミンの補給になりそうです。

魚、カニ、貝などは、基本的に塩茹でにして食べています。
ダシのきいたスープをご飯にかけながら食べるのも美味しいそうです。

こちらの人は、仕事をしながらその日のおかずまで獲ってしまうという、
なんとも逞しい生活をしています。
[PR]

by asiantyphoon | 2008-05-12 15:41 | 生きることは食べること×5